友人の子どもが亡くなった

6月1日。

友人の子どもが亡くなりました。

シュウと同じ時期に生まれ、同じように重症新生児仮死児として、人生を歩み始めた子でした。

突然のお知らせでしたので、未だ頭の整理がつきません。

 

この友人とは弊ブログがご縁で知り合った方で、

どこに住んでいるのかも、名前さえも知りません。

だけど僕たち家族と同じように葛藤し、悩み、

そしてもちろん、子どもとの生活を楽しんでいるのだなと、直感的にわかる方でした。

僕にとってはいわば、同志でした。

 

シュウが生まれて間もないころ、死が同居しているような生活の中で、

日本のどこかで、同じような境遇、同じような条件のもとに、生活をしている方がいる、

そう思うだけで、とても心強かったの覚えています。

 

時より行う短いメッセージのやり取りは

暑中見舞いや年賀状のように、文章だけに止まらない気持ちが込められていて、

文面の節々に感じる子どもの成長は、僕自身も嬉しいものでした。

ほうほうそちらも順調ですか、こちらも元気でやっていますよと、

本当に他愛のないものなんですけどね。

ああ今日もお互い、子どもと過ごすことができたんだねと、

無意識のうちに喜びを共有していたのかもしれません。

 

だからこそ本当に残念でなりません。

1年という短すぎる人生に、子どもは何を思ったのでしょうか。

親は何を見出したらいいのでしょうか。

 

友人や亡くなった子どもに思いを馳せると涙が流れて来ます。

会ったこともないのに不思議ですよね。

だけど小さな命が消えてしまったのは事実のようです。

天国ではどうか、無邪気に遊んでいますように。

そして時より枕元まで、お父さんとお母さんに会いに来て欲しいな。

 

安らかにお眠りください。

ご冥福をお祈りいたします。

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】