親子の成長について

昨日、急遽シュウが入院した。といっても体調不良ではなくEDチューブの閉塞なので、特に心配はありません。チューブの開通検定1級を持ってるkikuoですから、今回は往診の先生や看護師さんが確認に来ることもなく、病院行ってくるから紹介状だけオナシャス!と電話だけで入院調整が済んだ。

少々のことでは動じることがなくなり、今後起こるべきことが想像できて、最短ですべきが見つかる。一年も一緒に生活しているとノウハウが蓄積されていますから、このような余裕が生まれてくるんでしょうね。ちょっと心拍が上がってただけで、詰んだ、、、と泣きそうになっていた当時の自分を励ましてやりたいです。

 

思い返してみれば前回入院したのは半年も前で、シュウの身体強くなったな〜としみじみする。誰もいない海を眺めて潮風に吹かれたい気分です。

もちろんこの間も体調不良はあったし、ケアやお薬は増えてきている。寝る時は呼吸器を装着するようになったし、最近は痙攣発作が出るようになった。だけど冒頭のノウハウの蓄積の話もそうだけど、明確に意識をできるほど子どもに対する感情の変化もあって、総合するとこういう生活も中々悪くはないかな、と感じている自分もいるのです。この辺は時間あるときに整理していきたいと思います。

 

---

夏休み、シュウを連れて旅行を計画しています。

場所は青森。8月中旬、実家へ帰省です。

 

帰省にあたりいま段取りしているのですが、移動中や向こうでの医療体制について面白いなあーと感じたことが多々ありました。この辺も旅行記と合わせて、小出しにできたらと思います。

 

最近は本当に暑い!

みなさま、くれぐれもご自愛ください。

 

最近のシュウ↓

f:id:kikuo_tamura:20170724124408j:image

 テレビがすき。

ではなくて、座る練習。

座位は好きなようで、寝転がってるよりも呼吸などが落ち着く。

 

f:id:kikuo_tamura:20170724124335j:image

そして、座ってるとすぐ寝る。

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】