障害者差別は解決が可能な問題なのか。

 

今回は、そもそも障害者差別はあり、あった場合解決する可能性はあるのか、ということについて考えてみたい。
 
------
当然僕はあると思っているからこんなブログを書いているわけなんだけど、
ソーシャルワーカーとして働いていて障害を持ちながら生活している人と関わっていると、差別を感じることが本当に多い。
 
例えば精神疾患を持っている方の自立のためのアパート探しを手伝うと、まず間違いなく断られる。理由は簡単で、自殺などのリスクが高く大家さんが嫌がるから。
しかし、よくよく話を聞いていみると実際に被害を被った経験があるわけではなく、あくまで世間一般のイメージから話をしていたりする。
 
たしかに、

healthpress.jp

にあるように自殺前に約9割の方が何らかの精神疾患を抱えているというデータもあるようだ。
ソース元は追えなかったためその真偽は不明だが、少なくとも僕の知る限り自立を検討している方は、服薬も通院も自己管理し、病状も安定している。当然その評価は本人の主観的なものではなく、例えばドクターや福祉機関が下した客観的なものであるのは言うまでもない。で、この記事をよく読んでみると、9割のうち適切な治療を受けていたのは内2割らしい。つまり、福祉機関が間に入り自立のサポートをしている方で自殺のリスクがある方はここに分類されるため、確立としてはかなり低くなるのではないかと思う。
 
ここで少し計算してみたい。
 
平成23年中に自殺した方は30,584名。
また、同年に精神疾患のあると考えられる方は約320万人。 
仮に記事にある通り、自殺された30,584名の9割に精神疾患があったとするとし、更に自立を検討できるような、つまり適切な治療を受けていた方はその内のさらに2割だから、
・30584*0.9*0.2=5,505人(小数点以下四捨五入)
 
5505人/3,200,000人=0.17% (1000人中1.7人)
 
 
で、僕のようなソーシャルワーカーが間に入り、つまり、適切な医療を受けてかつ福祉機関が自立のサポートをしている方という括りになると、この数字は更に低くなるというのはの容易に想像できる。(こんな調査データみたことないので知ってる方いたら教えてください。)
 
 
30歳の女性が、染色体異常が怖くて子ども産みません!なんて考えますかね。確率としてはその程度(実際はさらに低い)なのに、「精神疾患=自殺しやすい」というイメージで部屋探しに難航するはやぱり差別があるんだなーと実感するのです。
ま、別にこの数値を出したからって差別が解消するとは思っていませんが。
 
--------
上述したような僕の実感は、概ね世間と変わらないようです。
以下のグラフを見てください 
 

f:id:kikuo_tamura:20160712092927p:plain

(内閣府 障害者に関する世論調査 より)

世間の約90%の方が差別や偏見があると答えています。

この数値なら、僕の実感だけではなく客観的にも障害者差別があるのだということができるでしょう。法律が施行されているくらいだから何を今更という感じですが。。。

 

で、実際問題として、その差別や偏見を解決するとは可能なのかというと、やりようによっては可能なんじゃないかと思っている。

 下のグラフを見てください。

f:id:kikuo_tamura:20160712093312p:plain

(内閣府 障害者に関する世論調査 より)

 

障害者理解を深めるイベントに約7割の方が機会があれば参加したいと思っている、言い換えると7割の方が障害者を理解する準備があるってことです。これって中々高い数字だと思いませんか。

 

このデータを見た時、僕は結構先が明るくなりました。

 

もちろん、今行われているような、福祉!とか権利擁護!とか僕たち頑張ってます!的なイベントでは刺さるはずはないので、ターゲットを決めそれに応じた戦略を練る必要はありますが、逆に言えばそういったマーケティング戦略を基にしたイベントを打ち出せば(こういった視点は福祉セクターの人は本当にない。自戒も込めて苦笑)かなり効果がでるのではないかと思ったりするわけです。

 

僕もまだまだ勉強中の身です。皆様のご意見を頂ければ幸いです。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】