読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトバンク ドラ2 古谷くんに思う

hea

きょうだいが障害を持っているということを隠したり、それが原因でいじめにあったなんて話もある。シュウを育てるようになって思うのは、隠しちゃう気持ちもわかるし、いじめちゃう気持ちも分かる気がするなーということ。どちらも「障害を普通の状態でないと捉えている」点で、根本の思想は同じだよね。なんだかんだ言っても、シュウについてや障害についてのあれこれを発信するということは、ぼくも「障害を普通の状態でないと捉えている」ことを証明しているようなものだし。表出される行動が違うだけで、すべて紙一重だ。

 

障害は個性です、なんて標語をたまに聞くけど、絶対に当事者側からでた言葉じゃないよね。はっきり言って壁だらけ。何をするにも医者の許可が必要だし、母一人では外へ連れて行けないから、買い物行くにも訪問看護師さんの調整が必要だ。個性と割り切れるほど、現実は甘くない。だけど、それでもなお、子どもとは一緒にいたいんですよね。

 

古谷くんも色々と葛藤があったと思う。だけどそんな自分も乗り越えて、社会にある壁も受け止めて、注目を集める立場になっても、このような発信できるって素晴らしいなあと思う。特に、ネガティブな感情を持つ方を否定せずに、自分の考えを押し付けない点はとても共感する。一方的に自分の考えを押し付けようとしたって、相手は受け入れてくれるはずないもんね。夫婦喧嘩もそうでしょう?対話こそが必要だと思うのだけど、少数派の権利擁護をする場合はそんなこと言ったら甘すぎかなあ。

ソフトバンクには特別思い入れはないけど、古谷選手は気に掛けたくなります。

 

高校時代、公式戦の会場にはいつもみりあさんが応援に駆け付けてくれた。チームのマスコット的存在だった。

この部分が示すように、知って、体験すれば、色々と変わると思うんだけどな。とにかく、まずは知ってもらわないと始まらないですよね! 

 

kikuo-tamura.hatenablog.com

 

dlines.yahoo.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】