読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動の意味と意味なんかない暮らし

海派か山派かと問われたら深く考えることもなく、山派です答える。

その反応たるや、ミッキーを見るとつい手を振ってしまうのと同じ感覚だ。

海が嫌いなわけじゃない。

太陽が昇り始めたキラキラした太陽は好きだし、

夜の海の吸い込まれてしまいそうな恐ろしさも好きだ。

高度成長期に建設され、今はしなびたリゾート地になってしまっているホテルから眺める海も哀愁があって良い。

つまり僕は海が嫌いなわけではなくて、夏の海水浴場が嫌いなのだ。

夏の海水浴場は老若男女、カップル、家族連れなど、とにかく人が沢山いる。

特に都心からアクセスの良い、湘南、大洗、九十九里浜などはまるで日本人のサラダボウルだ。

きっと「ひよこの鑑別で生計を立てている人」なんてニッチな人も探し出せるに違いない。

 

たくさんの人が集まると、マナーの悪い人が一定数必ず混じっている。

風を切って歩く人、ポイ捨て、歩きたばこ、酔って絡んでくる人、違法駐車にたこ足配線などなど、

挙げれがキリがない。

そのせいで自分の行動が制限されるとムカつき、気分が悪くなる。

誤解されたくないのだけど、人混みが嫌いなわけじゃない。

その証拠に、意外に秩序立っている満員電車はわりかし好きだし、

ディズニーでハニーハントに乗るための待ち時間も、

読書するにはちょうどいいなあと思っている。

ゲストの動線コントロールも完璧だし言うことない。

とにかく人混みは良いが、マナーが悪い人がいる空間が嫌いなのだ。

f:id:kikuo_tamura:20161219010247j:image

 

 

 

同じような理由で、クリスマスイベントも好きになれない。

何となくホクホク顔で浮き足立つ人々を眺めたり、

ツリーやリース、イルミネーションで飾られていく町の雰囲気はとても好きなのだけど

イベント会場のマナーの悪い感じだったり、

誘導がバイトの人で動線をコントロールできていない感じはあーもう!ってなる。

 

当時お付き合いしていた人に、クリスマスは避けて

12/26にイルミネーションを見にいこうぜと提案したことがあった。

26日ならまだ惰性でやってる可能性が高いし

もしかしたらイルミよりも珍しい業者の撤収作業が見られるかもしれないよと。

結果はもちろん×。

コイツ何言ってんのと冷めた目で睨む顔は今でも忘れられない。

 

--

 

先日の定期往診の時に、先生と同行事務の方は

それぞれサンタさんと雪だるまの格好をしていたらしい。

手作りのクリスマスカードと簡単なプレゼントも頂いた。

 

毎日自宅にこもらざるを得ない人は、季節の移ろいを肌で感じることはあまりない。

物理的な移動が制限されがちな在宅患者やその家族にとって

このような心遣いは本当に嬉しく感じる。

f:id:kikuo_tamura:20161219010330j:image

 

 

でも何でこんなことやるんだろう。

クリスマスカードもプレゼントも手作りで

その経費や労働力は全て往診機関持ちだ。

家で暮らしている人の、日常の生活の中に入っていく医療機関だからこその発想なんだろうか。

理由は聞いていないので分からない。

 

--

 

もしかしたら理由なんてないのかもしれない。

星野源が「恋」の中で

意味なんかないさ 暮らしがあるだけ 

 と歌っていたが、

クリスマスだからイルミネーションを見にいく、

お正月だからおせち料理を食べる、でも立派な理由だ。

伊達巻を食べながら、何でおせちに伊達巻が入るようになったのだろうか、、、

なんて考えるのアホくさい。

人は理由を探したがる生き物だけど、

自分の行動一つ一つに理由を探したところで自己満で終わることがほとんどだ。

もちろん自己満も大切だけど

もう少しシンプルに生きてもいいのかなあと、

最近そんなことを考えています。


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】