お宮参りに行く

先日、延び延びになっていたシュウのお宮参りに行ってきました。

 

生後一ヶ月の7月は絶賛入院中、8月中旬に退院したものの無理はできないので延期し、9月はトラブル続きでしたから、10月に入ってやっとです。

 

シュウは体調が良くないというのがトレンドであるため、僕が休みの日とシュウの体調が良い日が重なるというのはなかなかない。生後一ヶ月はとうに過ぎていたし、お祝いの日なので晴れた日を待っても良かったのだけど、そんな理由もあって、当日は小雨が降っていたのですが、行ってまいりました。

 

外出時も当然ミルクポンプ、吸引器、サチレーションモニターは必須で、それらを車に積み込んで出発します。

1時間程度ならミルクの注入は止めても問題なく、顔色を見ればサチレーションが下がったているかどうか判断ができるため、神社到着後、境内の移動は吸引器のみ、初期の携帯電話みたいに肩に提げて歩きまわりました。 

 

f:id:kikuo_tamura:20161011225450j:plain

お姉ちゃんは桜の絵馬に興味津々

 

f:id:kikuo_tamura:20161012002231j:image

ほぼ初めての外出なので日光に弱い。目が開けられないシュウ。

 

f:id:kikuo_tamura:20161012002706j:image

社務所に横尾忠則の原画が飾ってあってテンション上がる。

 

これは医ケアあるあるだと思うのですが、外出先で吸引器使うのってちょっと気を使いますよね。人が絶えず行き来するような場所ならまだしも、今日は神社です。神前で宮司がご祈祷してくださっている時にブオォォーと吸引器で痰を吸い込むのはちょっと勇気がいりました。一方で、隣に座っていた赤ちゃんはギャン泣きしていたため、それに比べたらシュウの方がデシベル低いよなと、変な安心感を覚えたり。信号が黄色なので急いで歩道を渡った後、赤になっても渡る奴がいた、だから俺オッケーみたいな程度の低い戦いしても得るものないんですけどね。卑しい自分。

 

で、帰宅後に体調を崩し、次の日に急遽往診となるというオチでお宮参りは終了。家族5人での初めての外出、いい思い出となりました。

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】