【医療的ケアが必要な子と生活していくためのヒント】子どもとその家族の生活習慣を公開していく。(2016年9月21日(水))

本日は9/21水の生活習慣についてエントリです。

このエントリは1週間シリーズです。必要のない方には何も得ることのない内容です。お目汚しになりますので、どうぞスルーしてください。

それを証明するように、この生活習慣を載せるようになってから、あからさまにPVが下がっています。あと4日分も残っているのかと思うと挫けそうですが、めげずに続けます。

 

kikuo-tamura.hatenablog.com

kikuo-tamura.hatenablog.com

 -------

 

では始めます。

 

f:id:kikuo_tamura:20161003123009p:plain

※『シュウの睡眠』『母の睡眠』『父の動き』欄について、色のついている部分が寝ている時間です。

 

この日は、午前中にリハビリ、午後に看護師さんと、色々な方がシュウの身体を触ってくださった。ベビーオイルを使ったマッサージは気持ちいい様子で、『うーッ。。。』と声を出したりしています。おっさんか!

 f:id:kikuo_tamura:20161002173820j:image

一方で、訪問があると母のゆっくりする時間は無くなるので、なんとも難しいところです。専門的なケアは受けさせたいけど、日常的なケアを行う母が倒れたら元も子もありません。このバランスは、母の体力を中心に置き、最善のケア体制を築いていきたいところです。

 

本来であれば夕方も寝たりするのですが、17時頃より呼吸が苦しくなり、吸引や体位変換が頻繁に必要となりました。そんなわけでこの日、母は夕ご飯を作ることができず、コンビニ弁当で済ませました。

子どもたちにもコンビニ弁当かよーと批判も出そうですが、全てを抱え込まない、ある種の適当さがとても大事な気がしています。比較して頂ければわかりますが、薬の時間もかなり前後してますしね。 そしてコンビニ弁当も美味しいし。

 

 『薬を飲ませる』『ご飯を食べる』さえ厳守していれば、その時間帯や内容は別に問わなくてもいいでしょう!というのが我が家の基本姿勢です。

9/22に続きます。

 

関連エントリ

 

kikuo-tamura.hatenablog.com

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、キャンプ、子どもを追い回すこと。千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】