読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももクロ早見あかりの脱退セレモニーと息子の関係について

昨晩、お姉ちゃんたちと車内で4.10 中野サンプラザ大会ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜を見ていました。

 

 

このライブは『ももいろクローバーZ』が『ももいろクローバー』だった頃の6人でやった最後のライブです。

 

DVDのメインである早見あかりの脱退セレモニーにはメンバーの偽りのない絆が描かれています。

『最後なんだからこそ泣いても笑って終わりたい』と泣きながら話す彼女たち。

早見あかりの脱退発表、メンバーの葛藤、怒り、涙、、、最終的には早見あかりの意思を尊重し、「今までありがとう。これからもよろしくね」と笑顔で送り出すメンバー。

最もチケットを取ることが困難と言われるほど成長を遂げたももクロの原点がここにあると思うと更に泣けてきます。もはやアイドルのライブDVDという枠を超えた、ドキュメンタリーです。

 

セレモニーの最後に歌われる『あかりんへ贈る歌』の歌詞には心打たれるものがあります。そして、その内容に自分の置かれている状況を重ねてしまい、泣いてしまいました。

 

---------

 

9/1の夜からシュウの心拍が180前後(乳児は通常110〜140)で推移しており、昨夜急遽往診していただいたところ、肺炎の疑いがあるということで、そのまま入院となってしまいました。精密検査の結果、肺炎、無気肺と診断され、今はPICUにて治療を受けています。もともと呼吸器系が弱く予備力のない子ですから、体調の急変が致死的になると言われています。さっきまで自宅で寝ていたのに、呼吸器のマスクをつけて点滴が何本は入り横たわる姿はショッキングで、出産時の経験が蘇ってきます。

 

精密検査の診断を待つ最中、お姉ちゃんをあやすため見ていたのが、ももクロのDVDでした。

 

旅立つ人、それを見送る人、様々な感情を抱えています。

 

僕ができることは、親として、シュウに対して愛情を注ぐことだけでしょう。

 

一人の人間として対等に関わりたい。だから、シュウの選択をしっかりと受け止めたいと思っています。

 

『あかりんへ贈る歌』 

歌 ももいろクローバー

作詞/作曲 前山田健一

もう止めないよ 止められないよ
あかりが決めた道だもん
意志が強いことは 一番知ってるよ

大きな夢を目指してたから
信じられなかったけど
たくさん傷ついて 出した答えでしょう?

悩み事をためこむ そんな性格だから
ずーっと苦しかったんだね 
知ってたよ 泣いてたこと

歌が苦手で 体弱くて
たくさん悩んでいたけど
ここまで来れた強さ 忘れないでね

これからは別の道 歩んでゆくけど
互いにうらやむような 未来へススんでゆこう

心細いよ 超不安だよ
だけどもう泣かないから
5人で大きな夢を 叶えてみせるよ

初めて出会った日を 覚えている?
ファーストフードでふたり語り合ったね
昨日のことみたいだよ

笑顔と歌声で あかりを照らし出せ
行くぜっ!! Let's go!!
あかりんのハートを 狙い撃ち☆
今までありがとね あなたが大好きです
ずっと ずっと
6人の思い出忘れない

あかりん ほんとにありがとう
あかりんのさりげない優しさに
何度も救われたよ ありがとう
ももクロみんな、あかりんの味方だからね
これからも離れてても一緒だよ
あかりん…ずっと親友だからねっ!!

La La La…

ずっと ずっと
6人の思い出忘れない
 

 

www.youtube.com

 

kikuo-tamura.hatenablog.com

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】