退院のご報告

先ほど妻から無事に退院できたという連絡が入った。

 とりあえずひと安心だ。

 

十二指腸チューブの交換自体はそれほど難しい手技ではないらしいが、レントゲンを確認しながらでないと交換できないため入院となる。胃までのチューブであれば、自宅にて親が交換することも可能だが、シュウ(今後この呼び名で統一します!)は嚥下障害があり吐き戻しがあると誤嚥性肺炎のリスクが高くなるため、胃チューブにはできない。故に今後も閉塞による入院は頻度高く発生するだろうと考えられる。少しづつこういう生活に慣れていけばよいのだか、、、まだ先の話のようである。

 

ちなみに交換されたチューブからは素麺のような固形ミルクが出てきたとのこと。どんだけ~

 

****

 関連エントリ

kikuo-tamura.hatenablog.com

kikuo-tamura.hatenablog.com

kikuo-tamura.hatenablog.com

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、キャンプ、子どもを追い回すこと。千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】