読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半径3メートルにしあわせ

障害児の父の視点 医療的ケアが必要な子の生活

半径3メートルにしあわせは転がっている。

 

だけどそのしあわせに気付くには、一度円から出なくちゃならない。

 

方法は色々ある。

 

自ら出る人もいるだろうし、抗うことのできない何かに流される人もいる。

 

頑張ることはいいことだけど、時には笹の葉のように流されるのもいい。

 

大事なことは、一度円から出ることなのだから。

 

このしあわせが幸せになりますように。

 

f:id:kikuo_tamura:20160818104436j:image

-------------------------

関連エントリ

 

kikuo-tamura.hatenablog.com

kikuo-tamura.hatenablog.com

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】