読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福祉×マーケティングで障害者差別を解消しよう!【主婦編その② 主婦の行動特性って??】

福祉×マーケティングで障害者差別の解消を目指すと題し、勝手にプランを練っています。今回は就学前の子を主婦の行動特性を考えてみます。

 

本エントリは下記エントリの続きです。よろしければこちらも御覧ください。

 

kikuo-tamura.hatenablog.com

----------------

■就学前の子を持つ主婦の行動特性ってなんだろう

 

僕の仕事場の近くにお洒落なカフェがあるのですが、11:00AM頃行くと30代の女性が結構たくさんいるんです。何日か通って観察していると顔ぶれも大体同じだということに気づきました。こんな時間からカフェに来ているのだからフルタイムで仕事をしているわけではなさそうです。その雰囲気から仕事を抜けて休憩という感じでもない。さてこの人たちは何者なのでしょうか。

 

答えは、幼稚園に子供を預けているお母さん。

 

このカフェの近くに幼稚園があるんです。そういえば聞こえてくる会話は子どもや旦那のことが多かった気がします。

図式としてはこんな感じでしょうか。

8:30 幼稚園へ送り出し

 ↓

家へ戻り掃除、洗濯などを一通り済ませ、

 ↓

11:00 友達とカフェでお茶、ランチ

 

子供が幼稚園に入るくらいの年齢になると、乳幼児期と比較し育児の負担がぐっと減る傾向にあります。実際僕の家がそうでした。育児負担が減ると、時間、心ともに余裕が生まれてくるのでしょう。

家の片づけをした後にお化粧してお洒落して外出するなんて、乳幼児を育てている方からすると結構負担ですもんね。だからこそカフェへも足を運ぶことができるようになります。

つまり、幼稚園に通うようになった子供(3歳以上)を持つ主婦の方は、誤解を恐れずに言うと、(比較的)日中自由に使える時間がある、という事が言えるのではないでしょうか。

 

■何に興味があるのか

 

就学前の子を持つ主婦という括りだと、年代も地域特性も趣味嗜好も共通項はなかなか見出せませんが、1つだけ共通すること。それは、3歳以上の子どもがいるということ。当たり前ですが、とても重要です。

どうすれば子どもは健全に育っていくのか、何か習いごとさせた方がよいのかな、効果的な声掛け方法はどうしたらいいんだろう、できれば怒ることなく躾がしたいな、お友達とのかかわり方って??等々、子育てに悩みは尽きません。つまりこの層は、子育て、教育に興味がある、と想像されます。

 

----------------

時間がなくなりましたので、今回はこの辺で。

次エントリで、まとめたいと思います。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール

kikuo_tamura

社会福祉士 / ソーシャルワーカー

社会福祉法人 松の実会 評議員 / NPO法人 こども子育て・発達支援研究会 監事

H28年6月、重症新生児仮死にて長男が生まれたことから、医療的ケア児関連に特に興味があります。

趣味は登山、トレイルラン、子どもを追い回すこと。1985年千葉県生まれ。
ご意見、ご連絡はお気軽に下さい。とても励みになります。
【m.jiggler@gmail.com】